元カノ 復縁 メール

元カノと復縁する為にメールを上手に利用するコツとは?

元カノと復縁する為にメールを上手に利用するコツとは?

 

 

彼女と別れてあるいは、どちらか片方がまだ相手のことを好きなのに分かれてしまった場合必ずどちらから別れ話を持ちかけられてからその後はどうしたらいいのか

 

 

気持は相手のことを好きなわけなので『どうしたらいいの.かわからない』という事になるのではないでしょうかね〜

 

 

そこで考えることとしては、出来るだけ相手のことを思いながら相手と繋がっていたいという事ですね。

 

 

では・・・相手に今以上に嫌われないでいずれは復縁を考えてから相手との連絡をしたい場合はどうすればいいのでしょうか。

 

 

こんな事今まで考えた事ありますか??

 

 

まーないですよね・・・

 

 

相手からしたらやっと別れたのでこれから関わりたくないという気持は・・・
悲しいけれどあるんですよえね。

 

 

その相手と距離を置きたいと考えている時に相手になにか求めるのは難しいのではないでしょうか。

 

 

ただし相手を繋ぎ止めておきたいということを別れて最初に考えてからどうしたらいいかを考えてみると、それには相手に考えさせるようなメールを送ってはいけません。

 

 

相手に返事を求めてもいけません。

 

 

しかもこちらからメールを送るだけで、相手に返信を求めないようなメール文章を書いてから送るようにしてください。
別れて直ぐは、どうしても相手の『気持ちが離れている』ものと思ってから連絡をするようにしないと行けません。

 

 

相手に返信を求めるようなメールは逆効果でより2人の関係を悪化させるだけですね。

 

 

相手の関係を悪化させないで相手にゆっくりと考える時間を与えてあげないとその後

 

 

の復縁は無いものと思ってください。

 

 

相手から別れを告げられた場合は、どうしても慎重にならないと相手からほんとうに嫌われてしまうのです!!

 

 

今までで付き合っていたのですから、少しは気持ちがまだ残っている可能性はあるのですから、相手に自分がいるということを認識してもらうただそれだけで
それ以上のことを要求しないようにしてください。

 

 

このようなメールを送っていると、そのうち相手の気持ちに変化が出てきたら、相手から何らかのアクションを起こしてくれます。
それも無ければ、心がすでにないので復縁は諦めるようにしてください。

 

 

相手の気持ちがまだあり、別れた時と間違いなく変わってくると、何らかのメールなり返信なりを返してくると思います。
返事がいらないメールを不定期で送っていて、なにかアクションが会った時が復縁をするきっかけになります。
そこで始めて、相手に返信を求めるメールを送るようにしてください。

 

 

そうすることで、相手に復縁を考える時間を持たせるにはちょうどいい期間となります。

 

 

返事が来なくても焦らない

 

 

一旦分かれてしまってから、どうしても復縁をしたいと思っている場合、メールを送ってから相手から返事がないと焦ると思いますし、
相手から嫌われてしまったので諦めるしかないと思うかもしれません。

 

 

別れた原因がなにかでも変わってくると思いますが、相手から別れてしまう場合は、
相手にされないのが嫌で構ってもらいたかったという場合は、返事が来なくても問題はあり問題はありません。

 

 

ただし、相手がこちらの性格やその他振る舞いなどを嫌ってから別れてしまった場合は、
メールに対して返事が来ないということは諦めたほうがいいと言えることでもあります。

 

 

彼女があまり相手をしてくれなかったことで別れの原因となった場合は、出来るだけメールを出し続けることで、
落ち着いてきた時には心を開いてから返事をくれるようになる可能性はあります。

 

 

ただ、際は返事が来なくても気にする必用はありません。

 

 

別れてすぐは、どうしても相手も感情が高ぶっていますので、出来るだけ考えなければ行けません。
人間は悲しいもので、一度感情が高ぶると、そう簡単に冷静になれるわけではありません。

 

 

あるていど時間をかけてからアイテが冷静になるまで待つことが重要です。
ただ、それまでも、できる限り相手にメールを送り続けることも重要です。

 

 

アイテがそのときは話したくない、返事をしたくないと思っていても、元カレ、元彼女からメールで連絡があるということは、
気持ちが少しでもある場合は嬉しいものです。

 

 

最初は返事もしたくないと思っていても、その後徐々に相手のことを肝ゲル用になる確率は非常に高いと思います。
そこで相手に送り続けることで、最終的には復縁をすることができるかもしれません。

 

 

復縁を考えているのであれば、そのときが一番我慢のしどころで、どこまで我慢ができるかという忍耐強さが必要になります。
相手から別れ話を言われたのですから、何らかの不満があったのは言うまでもありません。

 

 

その不満が、相手にしてもれなかったということであれば、我慢をして相手の返事が車で何度でも自分の相手への思いや近況報告を出し続けることは大事です。

 

 

一度は付き合っていたのですから、相手のことを嫌いになっているケースはほとんど希で、何らかの不満があっただけで、
彼氏・彼女に対する愛情が100%なくなっているわけではありません。

 

 

そう考えると楽に相手の返事を待つことが出来るのではないでしょうか。
そうすることで、復縁を現実にする可能性が高くなります。

 

 

そもそも電話に出たくない

 

先ほどはメールについて書きましたが電話についても少し触れておきますね。

 

別れを告げられるときの相手の気持ちにはいろいろなケースがあります。
1つは、相手が余りにも束縛されているようで、うんざりしているような場合や、身近になりすぎたために相手の良さを見つけることをしなくなったような場合は、
1度別れた時には冷却期間をおく必要があります。

 

 

そこで、考えなければいけないので、自分の気持ち上に、相手がどう考えてから、別れを告げてきたのか、
自分のことを思っているのかなどさまざまな要因があります。

 

 

相手が今の付き合い方にマンネリを感じているようであれば、その場で別れてからじっくりと時間をおいてから、
再度連絡を取る方が復縁をする確率が上がってくると思います。

 

 

自分への愛情があるのに、別れをつげてきたような場合は、
じっくりと冷却期間を取ってから復縁を迫る方が高確率の割合で復縁出来ると思います。

 

 

今までの付き合ってきた期間が長ければ長いほどその期間が必要になります。
分かれてすぐは、電話にも出たくない心境だと思いますので、そこですぐに電話をしたりするとすぐに別れて良かったと思われて、
それ以降心を閉ざされてしまいます。

 

 

一旦心を閉ざしてしむと、もう一度心を開いてもらうことはほとんど不可能と思います。
この場合は、別れて以降電話もしたくないし、電話もかかってきて欲しくない状況です。
彼女が別れた瞬間にどう考えているのかをまずは考えてみてください。

 

 

どんな気持ちで別れを告げてきたのかをしっかりと考えてから、感じることが大切になります。
そこで、相手の気持ちを感じ取ることが出来るようになると、相手から自分のことをわかってもらえるようになるのではないでしょうか。

 

 

自分の気持ちを相手に伝えるのではなく、相手の気持ちを理解して、相手が何をして欲しいという気持ちを察することができなければこのように、
すれ違いが訪れて相手に別れを告げられるのではないでしょうか。

 

 

その結果相手からは電話にも出てもらえないで、話すことすら拒否されてしまうのです。
すぐに相手に連絡を取ろうとしても、全く相手から相手にされないと思いますので。

 

まずは、冷却期間を取ることから始めてください。
ある程度冷却期間を取ることで、相手に冷静になる時間を与えてください。

 

 

相手が冷静になってきたところで、やっと復縁をするための準備に入ることができます。
最初にまずは、相手にメールから連絡を撮るのが相手の反応を見るのには一番のやり方だと思います。
メールで相手の反応がよければ、次に電話をして、相手の話を聞いてあげてください。

 

 

ここまで来るとあとは、少しずつ話題を変えていき相手も自分の話を聞いてくれるようになれば、次は相手と会うことになります。

 

 

電話に出たい気持ちはあるが、まだ出れない

 

 

一旦別れたあとに、相手から別れ話を持ちかけられて別れなければいけなくなった場合に、その後の対応をどうしようかと思った時に、
相手がどういう気持ちで別れ話を出してきたのかを考えていないと間違った行動を取ることになりかねません。

 

 

まずは、相手がどう考えても会いたくないし話したくないほど怒ってから別れた場合は、どう考えても電話をしてから、出てくれないのは、
電話に出たいのだが出られないという状況ではなく、出られるのだけれど出たくないというのが一番ではないでしょうか。

 

 

要するに着信拒否をしているということなので、電話をすること自体が間違っているということです。
冷却期間をおく必要があるのではないでしょうか。

 

 

冷却期間おいてから相手が冷静に考えることができるようになってから電話をするほうが得策ではないでしょうか。
電話に出ればいのではなく、電話に出たくない場合というのは、相手が話したいと思える位の時間をおいてから電話をするということです。
そうすることで、復縁に一歩近づいていきます。

 

 

ただ、相手が着信拒否をしている段階ですと、間違いなく復縁はむつかしい糸思う必要があります。
そうしなければどう考えても復縁したいと考えても無理な復縁を迫っても一層嫌になってしまうのではないでしょうか。
特に着信拒否をひているのが男性の場合は、相手が追って来れば来るほど思い女だと思ってからより一層嫌な女と思われる可能性が高くなります。

 

 

そこでこの場合は、復縁はほとんどないと考えておいたほうがいいと思います。
あると売れば、相手がり性になってくれて、他に好きな彼女ができなかった場合であれば、
ある期間連絡を取らないで冷却期間を取ることが一番大事です。

 

 

今までの流れで別れたあとも連絡を取り続けると復縁は難しいということになります。
同じ電話に出ないという状況でも、相手が着信拒否をしているのではなく、ほんとうに出るタイミングを逃してしまっているような場合は、
出たい気持ちはあるのだがたまたま取り損ねてから出られないだけなのです。

 

 

この場合は、連絡を取れるまでどんどん連絡をするほうがいいと思います。
電話に出られない理由を時間帯などで考えてみてください。

 

 

会社の接待や飲み会の最中で電話に出られないという状況の場合は、電話に出られないだけで、電話に出ない時ではありません。
この場合の復縁は十分に出来ると考えてから行動したほうがいいと思います。

 

 

そんな復縁の気持ちをまだ持っているかどうかは瞬時に判断しなければいけません。
電話に出たくないような場合は、どう考えても諦めてから友人として歳スタートを切るようにしたほうがいいと思います。

 

 

電話に出てもいいのだが、かし掛け直そうとは思わない

 

 

彼氏、彼女に別れを告げられてから、その後の対応としては電話をすると頃からになると思います。
そんな状況でもいろいろなケースがありますので、別れた理由が必要になります。

 

 

電話に出られない状況で、電話に出ない場合は、電話をすればいいだけなのですが、
自分から電話をして話をしようと考える事がない場合もあります。

 

 

この場合は、電話には出られないが、自分から電話をしてから話をしようという考えはないと思います。
それだけ多くの人が同じ嬢な経験をしてきていると思います。

 

 

この場合の相手の心理としては、一旦あかれたのは、相手が嫌いになったというわけではなく、
なんとなく今のままの付き合いをし続けることが苦になっている場合です。

 

 

そこで考えなければいけないのが、相手の考えを十分に理解してから、その後の対応をしなければいけません。
まだ気持ち的には相手のことを思う気持ちがあるのはわかっているのですが、いま時点では、
自分から相手に電話までしてから話がしたいというわけではありません。

 

 

何かのすれ違いや、相手と現状のままでは会いたくないし電話で話をすることも嫌だということではないでしょうか。
だからといってほんとうに嫌いになったわけではないようです。

 

 

相手を想う気持ちがあるのだが、まだ今は相手の嫌な部分が前面にでているのではないでしょうか。
好きな部分と嫌な部分の両面を持っていて、その嫌な部分が一番気になるところで、別れを切り出したという状態なので、
いい部分を前面に出していけば、復縁も可能ということになります。

 

 

だからといってすぐに復縁できるかというとそうでもないようです。
復縁できるか、復縁できないかは、別れたあとの行動しだいではないでしょうか。
まずは、現在の相手の思っている気持ちを察することが大切です。

 

 

今は、会いたくないと考えているのであれば、強引に電話でアプローチをするわけには行きません。
相手の別れたあとの気持ちの変化を知る必要があります。

 

 

付き合っていた時の共通の友人がいれば、その友人に相手の今の気持ちを聞き出すことができますので、
その点をしっかりと見極める必要があります。

 

 

相手が考えている事が友人を通してわかれば、復縁できるのもそうそう遠くはありません。
あとは、電話をするタイミングを探れば言い訳で、どの時点でどんな対応をするかは、相手の気持ちを最優先していき、
このタイミングという時には、強引に行動すると復縁をする確率が上がります。


ホーム RSS購読 サイトマップ